理事長

中石 真一路

ユニバーサル・サウンドデザイン株式会社 代表取締役
慶応義塾大学SFC研究所 所員 
広島大学 宇宙再生医療センター 研究員
日本聴覚医学会 準会員
日本教育オーディオロジー研究会 会員

熊本YMCA専門学校建築科卒業後、技術営業施工管理に従事。その後デジタルハリウッドに入学。卒業後は12年間に亘りwebディレクターおよび、プロジェクトマネージャーとして大手webサイトなどの市場調査、サービス開発、有料サイト立ち上げに従事。携わったwebサイトは、200を超える。
携帯電話のカメラにQRコード読み取り機能を導入し、雑誌からのWEBアクセスの普及に貢献した実績をもつ。

前職のEMIミュージック・ジャパンおよび、NPO法人日本ユニバーサル・サウンドデザイン協会にて約3年に亘る研究の末、「スピーカーシステムによる聴覚障害者の情報アクセシビリティ」という新しい分野を確立する。
2012年4月実の父と共にユニバーサル・サウンドデザイン株式会社を設立。

実父が難聴であることから、難聴者の方に聴き取りやすい音環境を提供するためNPOユニバーサル・サウンドデザインの活動に参加。

副理事長

川嶋 英之

ユニバーサル・サウンドデザイン株式会社 取締役

1972年生まれ。大阪府出身。立教大学経済学部卒業。
鉄鋼商材メーカーに就職後、2年半の世界一周放浪の旅を経て2006年株式会社アクシイズに就職。ASPサービスの営業・開発に携わる。
良い音楽を良い音で聞くことによって人が感動ができるよう、ユニバーサル・サウンドデザインの活動に参加。

理事

村井 武志

有限会社グリーンルーム 代表取締役 イラストレーター/絵本作家

1972年 東京生まれ
文化学院美術科を卒業後、イギリスに遊学。帰国後、広告代理店、
キャラクターグッズメーカーを経て、デザイン企画会社(有)グリーンルームを設立。
オリジナルキャラクターがサンリオとライセンス契約、商品化がスタート。
またEMI Music Japan初のキャラクター「emiCHAN」を製作。
ユニバーサルサウンドデザインでは【Bear's Mimy】の生みの親として参加。
ミミーを通してわかりやすく、見えない障害、声と音のバリアフリーをめざす。

理事

春田 丈夫

株式会社イオシス ソリューション営業部 マネージャー 

1974年生まれ。兵庫県出身。
大阪商業大学商経学部卒業。
35歳の時に、突発性難聴になり、両耳とも高音が聴こえにくい中度難聴者となる。
補聴器装着により健聴時の状態を期待したが、装着時の耳障りな音に慣れず、将来的に失望していた時に、代表の中石が開発したコミュニケーションサポートシステム「comuoon」に出会い感動する。
「難聴で苦しむ方々に少しでも聞こえやすい環境を用意してゆきたい、だれもが聴こえやすい環境を増やし豊かで楽しい世の中にしてゆきたい」という代表の中石の考えに共感し、自身の体験を通して「聴こえの大切さ」を拡げる活動をしている。

監事

田原 仁紫呂

株式会社つね屋 代表取締役 

1984年 京都生まれ
高校在学中よりWEB、システム関連のバイトを行う。
卒業後、カラオケチェーン本社、システム部としての経験を経て、
2004年に上京、 (株)アイティクエスト 代表取締役就任。
同社退社後、2011年 7月より(株)ローハイド. 取締役 COO就任。
現在は、東日本大震災復興支援「プロジェクト 結」を含め、
NPOの活動にも積極的に参加している。

Adviser顧問紹介

顧問

水田 邦雄

UN NGO 国際長寿センター(日本)代表(非常勤)
一般社団法人 シルバーサービス振興会 理事長(非常勤)
全国土木建築国民健康保険組合 理事長(常勤) 

1949年 神奈川県生まれ
1972年 東京大学法学部卒業。
1973年 厚生省入省。
1990年 厚生省保健医療局整備課長
1992年 厚生省老人保健福祉局老人福祉計画課長、
1994年 年金福祉事業団資金運用事業部長
1996年 厚生省老人保健福祉局企画課長、
1998年 厚生省大臣官房総務課長
2001年 厚生労働省大臣官房審議官(雇用均等・児童家庭担当)、
2002年 厚生労働省政策統括官(社会保障担当)
2004年 厚生労働省保険局長、
2009年 厚生労働事務次官 2010年7月 辞職。
2012年4月 UN NGO 国際長寿センター(日本)代表(非常勤)
2012年6月 一般社団法人 シルバーサービス振興会 理事長(非常勤)
2013年7月 全国土木建築国民健康保険組合 理事長(常勤)